井戸掘りをしてもしもの時に備えよう│井戸工事マイスター

地盤改良

業者の選び方

風景

井戸掘りをする時の業者を選ぶ時には、できるだけ出来高支払いの業者を選ぶのも1つのポイントと言えるでしょう。正しい業者を選ぶことによって、災害時にも頼りになる井戸が完成するのです。

View Detail

井戸の掘り方

街

井戸掘りの方法もいくつかありますが、そのうちの1つに打ち込み井戸と呼ばれるものがあります。この方法は パイプを使用する掘り方となっており、水をためる機能は無いですが、工事費用を抑えられます。

View Detail

備えと節約

案内

激甚化した大地震は、さながら戦争のような有り様になるわけです。つまり、これに備えるというのは、戦争の際敵から攻撃を受けたようなダメージを想像して、それに備える必要があるということです。しばしば、日本人はこの備えるということについて、避けてしまう傾向にあります。しかしながら、東日本大震災のあとに、しばらくして首都直下型地震や、南海トラフ巨大地震が予想されています。来る確率で言えば、10年以内が7割を超えているそうです。

大地震のあとに必要なものといえば、何を思い浮かべるでしょうか。一番大事なものは、ライフラインの中でも「水」ではないでしょうか。この水を確保するために、被災地では大変な労力が費やされているのは想像に難くありません。そこで、余力がある平和なうちにもしもの時のための水を確保しておきませんか。水の確保でオススメなのが、井戸掘りです。井戸掘りと聞くと、いつの時代の話が勘違いされそうですが、必要なことです。井戸掘りは専門業者が存在していますし、いざというときの備えと同時に、平時における節約にもなります。井戸掘りをすれば、節約と防災が同時にできるのです。平時の水道代の節約から、下水の節約にまで役に立ちます。

このような社会の情勢を見ると、防災意識は高まっているように思えます。しかし、正直に言えば、これではまだまだ足りないと思われます。首都直下型や南海トラフ巨大地震の怖いところは、日本のGDPの7割が集中する太平洋ベルト地帯で起きるということです。

井戸掘りの注意点

ワーカー

井戸は、品質も一定ではないので、数ヶ月に1回程度は調査をするようにしましょう。安全が担保されて、初めてライフラインとしての利用が可能となります。井戸掘りをするのと同時に定期チェックも欠かせないのです。

View Detail